中村被服株式会社

中村被服とは 中村被服とは

子どもたちみんなに正しい、
きちんとした服を
が原点。

1924年(大正13年)に創業した小さなメリヤス工場は、
時代の波にのまれるように、
広島陸軍被服廠ひふくしょうから軍服製造をする監督工場となり、
戦後、機会均等が叫ばれる時代に
ボロボロの衣服を身につけた子どもたちにも、
教育の場で外見の優劣なく
みんなに同じきちんとした服を着せたいとの思いから、
園児服をつくり始めました。
毎日着る制服に求められる丈夫さは、
軍服で培った縫製技術から。
子どもたちが毎日笑顔で過ごせる快適さは、
受け継がれてきた確かな技術から。

袖を通した瞬間から気持ちが整い
動き回るほどに着るのが心地よく
着続けるほどに愛着がわく

一途なほど生真面目に
生地選び~設計~縫製まで手を抜くことなく
心のこもった「モノづくり」を続けています。

一人の職人が最初から最後まで
一着を縫い上げます。

私たちの縫製工場では、流れ作業のような服づくりはしていません。まるで高級メゾンの様に、一人の職人が最初の一針から責任を持って一着を仕上げます。

ブラウス、ジャケット、ズボン、スカート帽子など、すべてのアイテムを縫えるようになるまで最低でも3~5年はかかります。時間もコストも掛けて人を育て、30着からのオーダー品を手掛けます。一人が一着を担当する、日本の縫製業の生き残り方。熟練の縫製技術は、職人、会社、そして子どもたちにとっての財産だから、私たちはこのやり方に挑戦しています。

園児服に込める想い。

毎日着ることで、習慣を身に付けてほしい。

子どもたちが集う園での生活。
学び舎としてのその先は、「自立した人間を育てる」。人間はもともと弱いもの。「制服」を通じて、きまりや習慣を養う。習慣になれば誰でも自然と出来ること。「きちんと出来る自分」を作る道具として園児服を着て欲しい。
そんな考えの『服育』で園児の環境をサポートしたいと思っています。

キリン児ブランドサイト

小中高校・企業制服の販売

大正13年の創業から、多岐に渡り様々な製品を手がけてまいりました。

今では、小中高校の制服および、企業・官公庁の制服の販売まで行い、幅広い方々に長きに渡って支持されています。

取扱い学校と販売店

保冷ボックスの可能性。

軍服の縫製にはじまり、車のシートといったいわゆる厚物を縫う自社の縫製技術を活かし、1988年から保冷保温ボックスの製造を開始しました。

基準の厳しい医療業界、大手コンビニやスーパー、食品メーカー、コーヒーチェーンに至るまで多種多様な製品を展開し、国内の温度管理物流に大きく貢献してきました。2018年からは保冷ボックスブランド「ペンギンシッパー」を立ち上げ、さらに飛躍をしてまいります。

ペンギンシッパーブランドサイト
ページトップ